読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇者密着24時 part1

ども!

風呂場にノーマルローチが出たので0.12mmBBガンで戦ったbetaです。

マガジン一本撃ち尽くして、ようやく腹の部分をブチまけたレベルですからねぇ・・・

どんだけタフなんだ。

 

さて、今回もやっていきますよ。

今回レビューするのは、RPGツクールXP作品

「私こそ真の勇者だ!」です。

 

f:id:betas:20160711222907p:plain

 

私こそ真の勇者だ!:無料ゲーム配信中! [ふりーむ!]

↑ココでダウンロードできます。

ちなみに、XPのRTPは必須です。

まぁ、調べれば腐るほど出てくるので適当に拾ってやってみると良いですよ。

ついでですが僕、有償ゲームのレビューをやるつもりはありません。

権利だの著作権だの色々うるさいそうなんで。香港97?知るか!

 

まぁ、ゲームの内容としては・・・すでにタイトルが物語っています。

元々このタイトルの一言は、某ファミコンゲーの一言でそのゲーム自体も死にゲーと

呼ばれているものです。

それをわざわざタイトルにするくらいですし・・・後は分かりますね?

作者曰く「下手をすればモンスターと戦う前にGAME OVARを拝められるでしょう。」だそうで。

死にゲーか・・・クリアまでの時間、異様に掛かるんだよなぁ・・・

まぁいいや。では、勇者密着24時スタート!

 

 

f:id:betas:20160711222943p:plain

f:id:betas:20160711222945p:plain

f:id:betas:20160711222947p:plain

f:id:betas:20160711222941p:plain

 

と、まぁこんな感じです。

なかなか王道を行ってますが、果たしてその前での戦いでも何人の勇者が死んだんでし

ょうかwwwwww

 

f:id:betas:20160711223146p:plain

と、言うわけで王座前からスタート。

話の内容は・・・まぁ、アルシェスに「魔王倒してこい」と言われるだけです。

いや、これだけじゃないんですけども皆さんも軽く何言われるかは予想できると思いま

す。

まずは軍資金を貰えるようです。

 

f:id:betas:20160711223430p:plain

少ない!!

100は少なすぎです。

分かりやすく言うなら「ポーション4~5個分」レベルです。

・・・まぁいいか。無いよりは遙かにマシだ。

では、早速魔王退治にれっt

 

ガシャーン!!

 

・・・へ?

 

f:id:betas:20160711223700p:plain

・・・あ~

「ガラスの破片が刺さり、私は大量出血を起こした!!

どうやら、動脈が8カ所ほど切れたようだ・・・

私はその後、血が足りなくなり天へと昇っていったのである!

 

ああ・・・

私は魔王の僕とすら戦うことが出来なかったのか・・・」

 

f:id:betas:20160711224026p:plain

 

・・・・・え?

僕、玉座から一歩後ろへ移動しただけですよ?

ザコと戦う前にゲームオーバーになってしまいました。

というか、開始1分も経たずにゲームオーバーとかどんなRPGですか。

コレがこのゲームの基礎です。

 

 

f:id:betas:20160711224356p:plain

 

気を取り直して、何とか城から出ることが出来ました。

しかし油断は禁物。このゲームはいついかなる時にもゲームオーバーの影g

 

ガコン!バシャァァァン!

・・・・

 

f:id:betas:20160711224558p:plain

そのまま金槌な勇者アルシェス、そこに沈む。

 

f:id:betas:20160711224026p:plain

 

・・・まだダンジョンにも行ってないのにコレですか?

とりあえず街でも気が抜けません。

渡る世間は死あるのみ。特に真の勇者にはその風潮は大きいようです。

 

f:id:betas:20160711225026p:plain

さて、その穴すらも避けて街に行けました。

画像では分かりませんが、真ん中の街娘が文字通り暴れています。

とりあえず、ココは勇者であるお前のちかr・・・イヤな予感が。

 

ドカーン!

 

f:id:betas:20160711225241p:plain

そしてそのまま星になりましたとさ。

 

 

f:id:betas:20160711224026p:plain

ココだけ辿り着くのにキルカウント3回。

果たして魔王倒すのにどれだけのアルシェスが死ぬんでしょうねぇ。

 

とりあえず、今回はココまで。

では!

Seeyouagein!